即日キャッシングもOK

menu

プロミスでお金を借りるフィーバー

学生さんがキャッシング・カードローンをご利用するには

学生さんがキャッシング・カードローンをご利用するには20歳以上で安定した収入が必要です。アルバイト・パートでも良いのでまずは働いてみて、それでもお金が足りない時だけキャッシング・カードローンにお申込みされると良いです。

しかし20歳以下の学生さんでは安定した収入があってもご利用ができませんので注意して下さい。

【1】18歳以上なら借りられる学生ローン

消費者金融や銀行のキャッシング・カードローンでは20歳以上でないとご利用できませんが、学生ローンなら18歳以上で安定した収入があればご利用できるところがあります。

18歳以下の高校生ではご利用できませんが、18歳以上の大学生なら大丈夫です。ご両親の元へ電話を掛けることはないので知られる心配は不要です。お申込みする際に学生証の提出が求められますので手元に準備しておいてください。

学生ではアルバイト・パートで働いていても収入は少ないと思います。しかし学生ローンでは元金自由返済という返済方式がご用意されていることが多いです。この返済方式な毎月の約定返済日に利息のみの支払いで構わないです。

元金についてはいつでも自由に返済することが可能です。余裕が無いときでも返済しやすいですがその代わりに返済期間が長くなり総返済額も多くなります。

【2】20歳以上の学生は大手消費者金融のキャッシング・カードローンへ

学生ローンは専門業者のみなので大手消費者金融では取り扱っていないです。よく分からない貸金業者からお金を借りるのでは不安と言う場合は20歳以上になるまで待って、大手消費者金融のキャッシング・カードローンにお申込みされると良いでしょう。

大手消費者金融では学生ローンのように学生証の提出は求められないです。運転免許証などの本人確認書類だけで大丈夫です。運転免許証を持っていない学生さんはパスポートでも構わないです。ちなみに、消費者金融が使えるなら、出典:即日キャッシング土日も可能になります。

【3】金利ができるだけ低いほうが良いなら銀行のカードローンへ

金利面では学生ローン、中小消費者金融、大手消費者金融、銀行のカードローンの順で低くなります。利息のお支払いを出来るだけ減らしたい学生さんは銀行のカードローンが良いです。

銀行のカードローンでも20歳以上で安定した収入があればお申込みできるところは意外と多いです。銀行で提供されている教育ローンでは借りたお金の使いみちは決められています。しかし銀行のカードローンなら使いみちは原則自由です。

銀行のカードローンでは学生さんの場合はご利用限度額が10万円ほどとかなり少なめであることが多いです。多額のお金は借りられませんが、ご利用限度額の範囲なら何度でも繰り返しご利用できます。

カテゴリー

カレンダー

2016年5月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031